Tinea versicolor - 癜風https://ja.wikipedia.org/wiki/癜風
癜風 (Tinea versicolor) は、体幹と近位四肢の皮膚発疹を特徴とする状態です。癜風の大部分は真菌マラセチア・グロボサによって引き起こされます。これらの酵母は、暖かく湿気の多い環境など、特定の状況下でのみ問題になります。 癜風 (tinea versicolor) は、高温多湿の気候や大量の汗をかく人に多く見られるため、毎年夏に再発する可能性があります。癜風の治療には局所抗真菌薬が推奨されます。

治療 - 一般用医薬品
真菌感染症が体の広い領域に広がる場合は、スプレータイプがより良い選択かもしれません.
#Ketoconazole
#Clotrimazole
#Miconazole
#Terbinafine
#Butenafine [Lotrimin]
#Tolnaftate
  • 鱗屑を伴う白斑として出現し、汗をかく部位に生じます。
  • 円形病変は一般的に端に集まっているのが特徴です。
  • この場合、紅斑を伴いますが、典型的な症例では紅斑を認めないことがほとんどです。
  • 白斑に似ていることもあります。
  • 最初はやや褐色がかった病変として現れますが、時間の経過とともに白くなることがあります。