Tinea cruris - 股癬https://en.wikipedia.org/wiki/Tinea_cruris
股癬 (Tinea cruris) は、鼠径部の伝染性の表在性真菌感染症の一般的なタイプです。この真菌感染症は、主に男性と高温多湿の気候で発生します。

典型的には、太ももの上部の内側に、うろこ状に湾曲した境界線を伴うかゆみのある赤い隆起した発疹があります。多くの場合、水虫や爪真菌感染症、過度の発汗、感染したタオルやスポーツウェアの共有に関連しています.小児ではまれです。

その外観は、カンジダ間擦疹、紅斑、逆性乾癬、脂漏性皮膚炎など、皮膚のひだに発生する他の発疹に似ている場合があります。

治療は局所抗真菌薬によるもので、症状が最近発症した場合に特に効果的です。再発の予防には、併発する真菌感染症の治療と、鼠径部を乾燥した状態に保つなどの湿気を避けるための措置が含まれます.

治療 - 一般用医薬品
※OTC抗真菌軟膏
#Ketoconazole
#Clotrimazole
#Miconazole
#Terbinafine
#Butenafine [Lotrimin]
#Tolnaftate
  • 股癬 (Tinea cruris) 男の股間
  • 汗っかきの男性に多い感染症です。