Pyoderma gangrenosum - 壊疽性膿皮症https://ja.wikipedia.org/wiki/壊疽性膿皮症
壊疽性膿皮症 (Pyoderma gangrenosum) は、痛みを伴う膿疱や小結節が潰瘍となり、徐々に大きくなるまれな炎症性皮膚疾患です。 壊疽性膿皮症 (pyoderma gangrenosum) は感染性ではありません。治療にはコルチコステロイド、シクロスポリン、モノクローナル抗体などがあります。年齢に関係なく発症しますが、多くは40~50歳代に発症します。

  • 潰瘍性大腸炎患者の脚。