Orgarnoid nevushttps://en.wikipedia.org/wiki/Nevus_sebaceous
Orgarnoid nevus は、典型的には顔面または頭皮に発生する、先天性の無毛の厚い病変です。このような母斑は表皮母斑に分類され、出生時または小児期早期に存在することがあります。

基底細胞がんは脂腺母斑に発生することがあり、通常は成人期に発生します。しかし、このような悪性腫瘍の発生率は、現在では以前推定されていたよりも低いことが知られています。このため、予防的切除はもはや推奨されていません。

  • 出生時には、黄色い斑点のある脱毛症として観察されます。年齢とともに、病変は徐々に濃くなります。
  • 主に頭皮にできますが、顔にもできます。