Neurofibroma - 神経線維腫https://en.wikipedia.org/wiki/Neurofibroma
神経線維腫 (Neurofibroma) は、末梢神経系にできる良性の神経鞘腫瘍です。90%の症例では、遺伝的疾患を伴わない単独の腫瘍として発見されます。しかし、残りは常染色体優性の遺伝性疾患である神経線維腫症Ⅰ型(NF1)の患者さんにみられます。神経線維腫症は、身体的な醜形や疼痛から認知障害に至るまで、さまざまな症状を引き起こします。

神経線維腫 (neurofibroma) の直径は2~20mmで、軟らかく、弛緩性で、ピンクがかった白色です。病理組織診断には生検を行います。

神経線維腫 (neurofibroma) は一般的に10歳代で発生し、思春期以降に発生することが多いです。神経線維腫症Ⅰ型の人では、成人期を通じて数が増え、大きくなる傾向があります。

  • 神経線維腫症患者の神経線維腫 (Neurofibroma)。
  • 神経線維腫は年齢とともに悪化する傾向があります。この患者の病変が最初に現れたのは10代の頃です。
  • Solitary neurofibroma 紅斑性丘疹。