Monkey Poxhttps://ja.wikipedia.org/wiki/サル痘
Monkey Pox は、ヒトにも他の動物にも起こりうる感染性のウイルス性疾患です。症状は、発熱、リンパ節の腫れ、水疱を形成して痂皮化する発疹などです。感染してから症状が出るまでの期間は5~21日です。症状の持続期間は通常2~4週間です。特に小児、妊婦、免疫系が抑制されている人は重症化する可能性があります。

この病気は水痘、麻疹、天然痘に似ています。最初は小さな平らな斑点から始まり、その後小さなぶつぶつになり、最初は透明な液体、次に黄色い液体で満たされ、その後破裂してかさぶたになります。 monkey pox は、腫れた腺があることで他のウイルス性発疹と区別されます。これらの腫れは、発疹が現れる前に、耳の後ろ、顎の下、首または鼠径部に現れるのが特徴です。

Monkey pox はまれな病気ですので、 monkey pox が流行していない場合は、まず水痘などのヘルペス感染を考えてください。水痘との違いは、手のひらや足の裏に小水疱ができることです。