Molluscum contagiosum - 軟属腫瘍https://ja.wikipedia.org/wiki/伝染性軟属腫
軟属腫瘍 (Molluscum contagiosum) は皮膚のウイルス感染症で、小さな盛り上がったピンク色の病変が生じます。軽度のかゆみを伴うことがあります。

この感染症は、伝染性軟属腫ウイルス (MCV) によって引き起こされます。ウイルスは、性行為を含む直接的な接触、またはタオルなどの汚染された物体を介して広がります。感染は、体の他の領域に広がることもあります。危険因子には、弱い免疫システム、およびアトピー性皮膚炎が含まれます。

除去は、凍結、レーザー アブレーション、またはカレタージ ツールによる機械的除去で試みることができます。ポドフィロトキシンまたはサリチル酸を皮膚に塗布することも治療に使用できます。

2010 年の時点で、世界で約 1 億 2,200 万人がこの病気の影響を受けています (人口の 1.8%)。 1歳から10歳の子供に多く見られます。感染症にかかったからといって、子供を学校や保育園に行かせない理由にはなりません。

治療 - 一般用医薬品
こすったり引っ掻いたりすると、小さな切り傷からウイルスが拡散し続けるため、患部を洗いすぎたり、触れたりしないでください。患部だけにサリチル酸を丁寧に塗ってみてください。
#Salicylic acid, brush applicator [Duofilm]
#Freeze, wart remover
  • 典型的な肉色の丘疹。
  • アトピー性皮膚炎の子供によく見られます。