Melasma - 肝斑https://ja.wikipedia.org/wiki/肝斑
肝斑 (Melasma) は、顔の日焼けまたは黒ずんだ皮膚の変色です。黒皮症は、日光への露出、遺伝的素因、ホルモンの変化、および皮膚の刺激によって引き起こされると考えられています.誰にでも影響を与える可能性がありますが、特に女性、特に妊娠中の女性や避妊薬やホルモン補充療法の薬を服用している人によく見られます.

肝斑は、色素が継続的につくられる病気のため、一定期間のレーザー治療では治りません。トランキセネミック酸は、色素沈着を改善するのに役立ちます。

処理
一部の国(日本、韓国など)では、経口トラネキサム酸が市販されており、効果的です。トラネキサム酸とアゼライン酸を含む肝斑クリームは部分的に役立つかもしれません.
ハイドロキノンは、色素沈着過剰の治療のために局所的に使用されることがありますが、FDA は 2020 年の時点でハイドロキノンを含む OTC 製品を停止しました.
#Tranexamic acid [TRANSINO]

#Laser toning technique (low fluence QS1064 laser)
#Triluma
  • 40歳代前半のアジア人女性によくみられる症状です。写真の丸で囲んだ病変は、肝斑というより黒子に近いものです。