Melanocytic nevus - メラニン細胞性母斑https://ja.wikipedia.org/wiki/ほくろ
メラニン細胞性母斑 (Melanocytic nevus) は、母斑細胞を含むメラニン細胞性腫瘍の一種です。母斑の大部分は、人生の最初の 20 年間に現れます。約100人に1人の赤ちゃんが母斑を持って生まれます。後天性母斑は良性新生物の一種ですが、先天性母斑は軽度の奇形または過誤腫と見なされ、黒色腫のリスクが高い可能性があります。良性の母斑は円形または楕円形で、通常は小さく (通常は 1 ~ 3 mm)、一部は典型的な鉛筆の消しゴムのサイズ (5 mm) よりも大きい場合があります。一部の母斑には毛があります。

処理
レーザー手術は、小さな母斑を美容的に除去するために一般的に行われます。サイズが 4 ~ 5 mm を超える場合は、外科的切除が必要になる場合があります。幼い子供では、大きさが 2 mm を超える母斑は、瘢痕化せずに完全に除去するのが難しいことがよくあります。
#CO2 laser
#Er-YAG laser
  • 正常母斑
  • Becker nevus 母斑上に毛が生えるのが特徴。
  • Nevus of Ota 真皮層に母斑細胞が深く存在するため青く見えます。この患者の場合、母斑は結膜上にあります。Ota nevus レーザー治療で除去できます。
  • Compound nevus 臀部。小さなあざは年齢とともに大きな母斑に成長することがあります。
  • Intradermal nevus 突き出た結節の形。
  • 正常な母斑。下の2枚の写真はintradermal nevus、上の3枚の写真はjunctional nevusです。
  • Blue nevus 母斑細胞の深い位置にあるため、青く見えます。
  • Intradermal nevus 頭皮によく見られます。
  • この写真は母斑病変を示しています。しかし、主病変がこのように小さい場合、アルゴリズムが正確に病態を予測できないことがあります。