Lichen planus - 扁平苔癬https://ja.wikipedia.org/wiki/扁平苔癬
扁平苔癬 (Lichen planus) は、皮膚、爪、毛髪および粘膜を侵す、慢性炎症性および免疫介在性疾患。多角形の平坦な丘疹および斑が特徴で、その上に網目状の細かい白色鱗屑(Wickham線条)が生じます。一般に、手背、屈曲手関節および前腕、体幹、前下肢および口腔粘膜に発現。原因は不明ですが、最初の誘因が不明な自己免疫過程の結果であると考えられています。

皮膚扁平苔癬の診断を確定するには、皮膚生検を行います。水疱性病変を有する患者では、自己免疫性小水疱性疾患との鑑別に直接免疫蛍光法(DIF)が有用です。

  • 両脛の広範な病変は非典型的です。この場合、他の慢性アレルギー性疾患(lichen simplex chronicus)が疑われます。
  • White striations of non-erosive Lichen planus in the buccal mucosa (cheek).
  • かゆみを伴う硬い丘疹が数個出現するのが特徴です。典型的な扁平苔癬 (Lichen planus)の外観です。
  • Leukoplakia 口腔内の白斑。
  • Atrophic lichen planus