Juvenile xanthogranuloma - 若年性黄色肉芽腫症https://en.wikipedia.org/wiki/Juvenile_xanthogranuloma
若年性黄色肉芽腫症 (Juvenile xanthogranuloma) は、「非ランゲルハンス細胞組織球症」に分類される組織球症の一種です。主に1歳未満の小児が罹患しますが、年長児や成人にもみられるまれな皮膚疾患です。病変は橙赤色の斑または丘疹として現れ、通常、顔面、頚部および体幹上部に発現します。 若年性黄色肉芽腫症 (juvenile xanthogranuloma) は通常、生後6ヵ月未満の小児では頭頚部に多発性の病変を認めます。この病変は通常1~5年で自然に治癒します。診断を確定するには病変の生検が重要です。

眼病変はJXG患者の最大10%にみられ、視力に影響を及ぼすことがあります。皮膚病変は通常自然に消失しますが、眼病変は自然に改善することはまれで、治療が必要です。

  • やや黄色いのが特徴。
  • Yellow nodule in children. Typical Juvenile xanthogranuloma