Impetigo - 膿痂疹https://ja.wikipedia.org/wiki/伝染性膿痂疹
膿痂疹 (Impetigo) は表皮の細菌感染症です。最も一般的な症状は、顔、腕、または脚の黄色がかった痂皮です。病変は痛みやかゆみを伴うことがありますが、発熱はまれです。

膿痂疹 (impetigo) は通常、黄色ブドウ球菌または化膿性連鎖球菌のいずれかが原因です。接触すると、周囲または人々の間で広がる可能性があります。子供の場合、兄弟に感染します。

治療は通常、ムピロシンやフシジン酸などの抗生物質クリームを使用します。広範囲に影響がある場合は、セファレキシンなどの経口抗生物質を使用することがあります。

2010 年には約 1 億 4,000 万人 (世界人口の 2%) が 膿痂疹 (impetigo) に罹患しました。合併症には、蜂窩織炎または連鎖球菌後糸球体腎炎が含まれる場合があります。

治療 - 一般用医薬品
※膿痂疹は感染症ですので、ステロイド軟膏は使用しないでください。膿痂疹と湿疹の区別がつかない場合は、ステロイド軟膏を使わずに市販の抗ヒスタミン薬を服用してください。
#OTC antihistamine

※OTC抗生物質軟膏を患部に塗布してください。
#Bacitracin
#Polysporin
  • あごの伝染性膿痂疹。膿痂疹は、小児に外傷歴がなく、傷のような病変が広がっている場合に疑うべき疾患。
  • アトピー性皮膚炎患者の二次感染と推定されます。
  • アトピー性皮膚炎とは異なり、膿痂疹は抗生物質による治療が必要で、ステロイドの使用により悪化することがあります。
  • 画像はbullous impetigoの水疱が破裂した後の様子。
  • アトピー性皮膚炎と誤診されることがあります。
  • Bullous impetigo 薄くてもろい水疱を伴う場合は、bullous impetigoと診断されます。