Idiopathic guttate hypomelanosis - 特発性滴状低メラノーシスhttps://en.wikipedia.org/wiki/Idiopathic_guttate_hypomelanosis
特発性滴状低メラノーシス (Idiopathic guttate hypomelanosis) は、男性よりも女性に多く発症する、非常に一般的な後天性疾患です。この疾患は、主に日光に曝された部位に生じる皮膚病変を呈し、日光曝露が関与している可能性が示唆されます。QS1064レーザーによる肝斑の長期治療後にも同様の病変が認められます。特別な治療は必要ありません。