Erythema nodosum - 結節性紅斑https://ja.wikipedia.org/wiki/結節性紅斑
結節性紅斑 (Erythema nodosum) は、皮膚の下にある脂肪細胞の炎症によって特徴づけられる炎症性疾患で、通常両脛に見られる圧痛性の赤い結節やしこりを生じます。

結節性紅斑は臨床的に診断されます。不確かな診断を確定するために、生検を行って顕微鏡で調べることもできます。肺疾患、特にサルコイドーシスや結核を除外するために胸部X線検査を行う必要があります。

  • 脚の有痛性紅斑性結節として出現。
  • Erythema nodosum in Tuberculosis. Tuberculosis is one of the important causes of Erythema nodosum