Erythema ab ignehttps://en.wikipedia.org/wiki/Erythema_ab_igne
Erythema ab igne は、熱(赤外線)への長期的な曝露によって引き起こされる皮膚疾患です。皮膚への長期にわたる熱放射暴露は、患部に網目状の紅斑、色素沈着、鱗屑および毛細血管拡張を生じさせます。軽度のかゆみや灼熱感を訴える人もいます。

様々な種類の熱源がこの症状を引き起こす可能性があります:
- 慢性疼痛を治療するための湯たんぽ、暖房毛布またはヒートパッドの反復使用。
- 暖房された車のシート、暖房器具、暖炉などに繰り返し触れること。高齢者では、暖房器具に繰り返し、または長時間さらされることがよくあります。
- 銀細工師、宝石細工師(顔が熱にさらされる)、パン職人、シェフ(腕、顔)の職業病
- ノートパソコンを大腿部に置くこと(ノートパソコンによる発赤)。

  • 熱に長時間さらされると、この障害を起こすことがあります。
  • 熱いストーブに長時間足をさらしていると、このようなことが起こります。