Blue nevus - 青色母斑https://en.wikipedia.org/wiki/Blue_nevus
青色母斑 (Blue nevus) は有色の母斑の一種であり、典型的には境界明瞭な単一の青色または黒色の小結節です。母斑の青色は色素細胞が皮膚の深いところにあるために起こります。

生検が行われたり、病変全体が外科的に切除されることもあります。臨床転帰は一般的に良好で、がん化の可能性は少ないです。鑑別診断には皮膚線維腫および黒色腫が含まれます。

  • 母斑細胞が深く存在するため、青く見えます。
  • 非定型例 ― 青色母斑 (Blue nevus)は通常左右対称の形をしています。このような場合、基底細胞癌と黒色腫の鑑別が必要です。