Basal cell carcinoma - 基底細胞がんhttps://ja.wikipedia.org/wiki/基底細胞癌
基底細胞がん (Basal cell carcinoma) は、最も一般的な種類の皮膚がんです。多くの場合、皮膚の痛みのない盛り上がった硬い部分として現れます。病変は光沢があり、小さな血管がその上を走っている場合があります。また、潰瘍を伴う盛り上がった領域として現れることもあります。基底細胞がんはゆっくりと増殖し、周囲の組織に損傷を与える可能性がありますが、転移や死に至ることはほとんどありません。

危険因子には、紫外線への曝露、放射線療法、ヒ素への長期曝露、および免疫系機能の低下 (臓器移植など) が含まれます。幼少期に紫外線にさらされることは特に有害です。

生検による診断後、通常は外科的切除による治療が行われます。がんが小さい場合、これは単純な切除によって行うことができます。がんが小さくない場合は、一般的にモース手術が推奨されます。

基底細胞がんは、世界のすべてのがんの少なくとも 32% を占めています。黒色腫以外の皮膚がんのうち、約80%が基底細胞がんです。米国では、白人男性の約 35% と白人女性の 25% が、生涯のある時点で基底細胞がんに罹患しています。

診断と治療
#Dermoscopy
#Skin biopsy
#Mohs surgery
  • 高齢者の鼻の皮膚に生じる潰瘍性病変は、しばしば基底細胞がん (Basal cell carcinoma)と診断されます。鼻はこの種の皮膚癌がよく発生する部位です。
  • 基底細胞がん (Basal cell carcinoma) 不規則な境界と潰瘍を呈することがあります。
  • 基底細胞がん (Basal cell carcinoma) はアジア人によく見られる母斑と誤診されます。Pigmented basal cell carcinoma は鼻によくできます。
  • 境界の突出した硬い結節が観察された場合は、基底細胞がん (Basal cell carcinoma)を疑う必要があります。
  • Basal cell carcinoma has an irregular asymmetric shape. These cases are often misdiagnosed as an intradermal nevus.
  • It can be misdiagnosed as an intradermal nevus.
  • 基底細胞がん (Basal cell carcinoma) はイボと間違えられます。
  • 基底細胞癌は潰瘍の形で現れることもあります。この場合、扁平上皮癌との鑑別が必要です。
  • 欧米人では、基底細胞がん (Basal cell carcinoma)は毛細血管拡張を伴う硬い結節として現れます。
  • 基底細胞がん (Basal cell carcinoma) はアザに似た形をしていますが、母斑と区別するには硬い結節であることが重要です。
  • 皮膚内母斑(良性)に似ているかもしれませんが、基底細胞がん (Basal cell carcinoma)の病変は硬いので注意が必要です。
  • アジア人では、典型的な基底細胞がん (Basal cell carcinoma)の症例は、境界が突出した黒色の固い小結節として現れます。
  • Basal cell carcinoma must be differentiated from melanoma as Basal cell carcinoma has a much better prognosis than melanoma.
  • このような広範な斑点が触ると硬い場合は、Superficial basal cell carcinomaと診断されることが多いようです。
  • It can be misdiagnosed as an intradermal nevus.