Angular cheilitis - 口角炎https://ja.wikipedia.org/wiki/口角炎
口角炎 (Angular cheilitis) は、口角の 1 つまたは両方の角の炎症です。多くの場合、皮膚の損傷と痂皮で角が赤くなっています。また、かゆみや痛みを伴うこともあります。

口角炎はかなり一般的な問題であり、人口の 0.7% に影響を与えると推定されています。 30代から60代に多く、小児にも比較的多くみられます。

口角炎は、感染、刺激によって引き起こされる可能性があります。感染症には、真菌および細菌によるものがあります。発展途上国では、鉄分とビタミンの不足が原因かもしれません。

治療 - 一般用医薬品
OTC 抗生物質軟膏を病変に 1 日 2 回、数日間塗布します。唇に再発する湿疹は、唇のひび割れの主な原因である可能性があります。この場合、同時に湿疹の治療を行うことで再発を防ぐことができます。先進国では、栄養失調が原因になることはめったにありません。
#Polysporin
#Bacitracin
  • 主な原因は、口唇の慢性湿疹とそれに伴う感染です。栄養不良は通常原因ではありません。
  • 比較的軽症の口角炎 (Angular cheilitis)が若い人の顔の皮膚に広がっているもの(患部は黒い楕円の中)。
  • 口角に走る亀裂と発赤。