Angiokeratoma - 被角血管腫https://ja.wikipedia.org/wiki/被角血管腫
被角血管腫 (Angiokeratoma) は、毛細血管の良性の皮膚病変で、赤から青の小さな跡ができ、過角化を特徴とします。若年者の体幹に複数の角化血管腫が見られる場合は、「ファブリー病」と呼ばれる全身性合併症を伴う遺伝性疾患である可能性があります。

まれであるため、角化血管腫は黒色腫と誤診されることがあります。病変の生検により、より正確な診断を下すことができます。

診断と治療
#Dermoscopy
#Skin biopsy
  • 非典型的症例 ― 多発被角血管腫 (Angiokeratoma); ほとんどの被角血管腫 (Angiokeratoma)は単一病変。
  • It has a similar shape to melanoma, but is different from melanoma as it has soft and pliable features. The size of Angiokeratoma is usually smaller than what is shown in this picture. Angiokeratoma usually presents as a single lesion.