Acute generalized exanthematous pustulosis - 急性汎発性発疹性膿疱症https://ja.wikipedia.org/wiki/急性汎発性発疹性膿疱症
急性汎発性発疹性膿疱症 (Acute generalized exanthematous pustulosis) (AGEP)はまれな皮膚反応で、90%の症例で薬剤投与に関連しています。 急性汎発性発疹性膿疱症 (acute generalized exanthematous pustulosis) は、薬物投与開始後平均5日目に突然現れる皮膚発疹が特徴です。これらの発疹は膿疱、すなわち白色または赤色の小さな発疹で、白濁または膿性の物質(膿)を含んでいます。皮膚病変は通常、原因となっている薬剤を中止してから1~3日以内に消失します。

  • 紅斑と膿疱を伴う広範な病変が突然現れます。
  • 痒みを伴わない紅斑と膿疱が突然生じます。